国宝松本城を世界遺産に!長野県松本市にある、国宝松本城を、松本市の新たな文化の創造とまちづくりの推進のため、世界遺産登録への推進運動を紹介しています。

松本城の新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

 

松本城は、6月6日(土)から天守の入場を再開しています。天守は令和2年3月4日から閉鎖し、同月25日に公開を再開しましたが、翌日の26日から再度閉鎖しました。天守の開放は約2カ月ぶりのことであり、訪れる人は少しずつ増加しています。
松本城内では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用やソーシャルディスタンスの呼びかけなどの感染対策を行っています。また、天守内には階段付近に透明なシートが設置されており、来城する方が感染しないよう配慮されています。
来城される方には、ご理解をお願いします。

①松本城天守内の新型コロナウイルス対策の様子(6月18日(木)撮影)

②新型コロナウイルス感染対策のお願い(6月18日(木)撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【お問い合わせ】
「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会 事務局

Copyright©2015- 「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会事務局.All rights reserved.

      国宝松本城のユネスコへの推薦を求める署名