国宝松本城を世界遺産に!長野県松本市にある、国宝松本城を、松本市の新たな文化の創造とまちづくりの推進のため、世界遺産登録への推進運動を紹介しています。

世界遺産に登録されるには

touroku

世界遺産には、文化、自然、複合の三種類があり、文化遺産は「顕著な普遍的価値を有する記念工作物、建造物、遺跡(文化的景観を含む)」と定義される。

条約締結国はまず、候補地推薦リストと暫定リスト(5~10年以内に推薦しようとする遺産)を世界遺産委員会に提出。

委員会では、国際記念物遺跡会議、国際自然保護連合に評価調査を依頼し、調査内容は年1回開催の世界遺産委員会で報告され、文化・自然の各遺産別基準に照らし登録決定する。

文化遺産では、「人類の歴史に重要な段階を物語る建築様式、建築的または技術的な集合体、景観に関する優れた見本」などいくつかの基準の一つを満たさなければなりません。

国宝松本城が世界遺産に登録されるためには、まず、日本の世界遺産登録暫定リストに登載されることが必要です。

line

【お問い合わせ】

「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会  事務局

信濃毎日新聞松本本社

〒399-8711 長野県松本市宮田2-10

Tel 0263-28-8201

Fax 0263-26-8730

 

松本市文化スポーツ部文化振興課

〒390-0874 長野県松本市大手3-8-13

Tel 0263-34-3000(内線3151)

Fax 0263-34-3108

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

【お問い合わせ】
「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会 事務局

Copyright©2015- 「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会事務局.All rights reserved.