国宝松本城を世界遺産に!長野県松本市にある、国宝松本城を、松本市の新たな文化の創造とまちづくりの推進のため、世界遺産登録への推進運動を紹介しています。

わたしたちが「つなぐもの」

現在、黒門では修復作業が進められていますが、作業に合わせて屋根からおろされた鯱(しゃちほこ)2体のうち、1体は200年以上前の1812年に制作されたものとみられています。
当時の人々が、どのような「おもい」で修理していたのか詳細はわかりませんが、現存するお城や今回の鯱から想像すると、今の私たちに託した「おもい」があったのではないでしょうか…。


黒門屋根から鯱が消えた?(作業中)


屋根からおろされた直後の鯱


黒門の一対の鯱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【お問い合わせ】
「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会 事務局

Copyright©2015- 「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会事務局.All rights reserved.