国宝松本城を世界遺産に!長野県松本市にある、国宝松本城を、松本市の新たな文化の創造とまちづくりの推進のため、世界遺産登録への推進運動を紹介しています。

小笠原ぼたんの冬支度

松本城本丸庭園の小笠原ぼたんが風雪に
備え、12月1日に古城会の皆さんによ
って「わらぼっち」が被せられ、冬囲い
が行われました。この牡丹は、林城主小
笠原氏から祈願寺であった兎川寺の檀家
である久根下家に株分けされ、大切に守
られてきたもので、小笠原ぼたんと呼ば
れています。現在、久根下家から寄贈さ
れた小笠原ぼたんは7本あります。
このように松本城は昔から市民によって
大事に守られてきました。
私たちも、松本城を後の世代に残すため、
頑張っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【お問い合わせ】
「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会 事務局

Copyright©2015- 「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会事務局.All rights reserved.

      国宝松本城のユネスコへの推薦を求める署名