国宝松本城を世界遺産に!長野県松本市にある、国宝松本城を、松本市の新たな文化の創造とまちづくりの推進のため、世界遺産登録への推進運動を紹介しています。

文化財防火デー

1月26日(土)の朝9時から、松本城本丸庭園で消火・救助の訓練がありました。
「文化財防火デー」とは、昭和24年1月26日に、法隆寺の金堂が炎上し、壁画
が損傷したことに基づいています。
その後、昭和30に、当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部
(現在の消防庁)が1月26日を文化財防火デーと定め、文化財の保護及び国民の
文化財愛護に関する意識の高揚を図る日となっています。(出典:文化庁)
 私たちも、松本城を後世に残すため、引き続き世界遺産登録に向けて頑張ってい
きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【お問い合わせ】
「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会 事務局

Copyright©2015- 「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会事務局.All rights reserved.

      国宝松本城のユネスコへの推薦を求める署名