国宝松本城を世界遺産に!長野県松本市にある、国宝松本城を、松本市の新たな文化の創造とまちづくりの推進のため、世界遺産登録への推進運動を紹介しています。

第18回「国宝松本城夜桜会」開催


 2000年のミレニアムの年から始まった夜桜会が、今年も4月10日の開花宣言を受け、13日(木)から開催されています。

 松本城では、今回の夜桜会や9月の「月見の宴」など、市民の皆さんがお城の存在を身近に感じていただく機会として、さまざまな催しを開催しています。

 こういった取組が、より多く方々の「お城への関心や大切さ(文化財意識)」を高める機会にも、つながると良いですね。

 なお、開花宣言は、標本木である外堀北側の桜(ソメイヨシノ)や周辺の開花状況から判断し、松本城管理事務所長が行います。

<期間:4月13日(木)~20日(木)までの8日間>

<時間:午後5時30分~午後9時まで>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【お問い合わせ】
「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会 事務局

Copyright©2015- 「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会事務局.All rights reserved.